Fuzor [リアルタイムBIMモデルビジュアライズソリューションソフトウェア]

製品概要

Fuzorは、数々のアワードに輝く、特許出願中のインスタントプレビュー技術を搭載し、高品質なリアルタイムレンダリングでのビジュアライズ、設計/デザインの検証、およびプロジェクトレビューなどをストレスなく行えます。

また、建築プロジェクトとその支援業務の質と生産性を向上させるために、Autodesk Revit及びGraphisoft ArchiCADとの双方向のライブリンク機能を備え、Revit/ArchiCADのBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)データの取り込みと活用、直感的でユーザーフレンドリーなインターフェイスと高速なシミュレーションエンジンを搭載し、BIMワークフローの問題を解決します。また、Autodesk NavisworksSketchupRhinoceros、またFBXデータの取込みが可能です。

Fuzorは、設計/デザイン及びBIMデータ活用、またプロジェクトの情報共有のための次世代ツールです。

BIM ツールの現状
Fuzor の特徴

主な機能

Fuzor Function Communication

FuzorはBIMデータを素早く視覚化する機能を提供し、迅速かつ容易に設計やプレゼンテーションのためのFuzorキャッシュファイルを生成します。 Fuzorは簡単な操作でナビゲーションできるように2Dオーバーレイマップを提供します。
また、降雨検証、太陽の設定、夜間用の照明シミュレーション、気象シミュレーションなどBIM図面の検証のための様々な測定モードを備えています。 Fuzorを使えば、簡単に、すぐにあなたの設計や概略図を提示することができ、そのために必要な工数の削減が図れます。

Fuzor Function BIM Solution

Fuzorは、迅速かつ容易にBIM関連の問題を修正するために分析、対策を検証し、Revitファイルへの直接または間接的な方法でアノテーションを付けることができます。
Fuzorは様々な測定モード、衝突解析、照明解析、カラーカテゴライズ及び表示フィルタ、降雨の検証、BIM情報の埋め込まれた状態でのマルチセクション断面の作成が可能です。

Fuzor Function Design Synergy

Fuzorは、シンプルな操作でRevit/ArchiCADとの同期を行い、それらのBIMツールからあなたのデザインのアイデアをFuzorを使用して提示することができます。
Fuzorでは、効果的なデザイン検討やプレゼンテーションを行うために、異なる空間的配置、材料、照明条件、または異なるファニチャーの組み合わせを設計オプションのプリセットを作成できます。
また、Fuzorの優れたリアルタイム性が、あなたのクライアントや同僚からのフィードバックを即座に反映しデザインの変更を助けます。変更したデザインは、自動同期インタフェースを介してBIMツールにフィードバックすることができます。

Revit - Fuzor ワークフロー及び主な機能(抜粋)

動作環境

  • Windows 7 以降の64bitオペレーティングシステム
  • Autodesk Revit 2013、2014、2015、2016、2017 または、
    Graphisoft ArchiCAD 18、19、20
  • Intel i5 または、同等のAMD製CPU以上
  • NVIDIA GTX 450 または、同等のAMD/ATI製GPUでVRAM 1GB以上のグラフィック
  • 8GB RAM以上
  • 2GB以上のハードディスク領域